発光ダイオードのことです。普通の電球と比べてかなり長持ちし、ほぼ半永久的に使えます。超強力レーザーポインター
れる場合の原因としては電極部分の酸化・劣化、内部の金線の断線等があるそうです。「製品の寿命」というのは使用しつづけることにより透光性が落ちて発光
量が一定以下に落ちるかもしれません。なので寿命=光らないという意味ではありません。大事に使えば半永久的に「光る」ということですね。プレゼンテー
ションなどで間欠的に点灯する前提で設計され、放熱をあまり考慮されておりませんので長時間連続点灯しますと熱で劣化が早く進んでしまいます。だから、
(連続点灯しない)通常の使い方では長持ちします。レーザービームは目に接触したら永久的な損傷を与えるかもしれないから、レーザ光が目に入らないように
してください。絶対人の顔に向けないでください。

超高出力10000mW緑色レーザーポインター

カラス撃退レーザーを直接見ないでください。レーザー保護メガネを使用してください。子供が届けないところで保管してください。

レーザーポインターを長時間点灯には寿命に影響を与えますので、連続点灯時間を1分以内にしてください。使用しないときは、レーザーポインタからバッテリーを取り外してください。

レーザー指示棒遭難信号特長である指向性、非接触性を利用すると以下の様なシーンで便利になります。

高所への指示が必要なシーンこれも遠所指示と似てはいるのですが、ただの遠所であれば歩いて近づけば直接的な指示も可能なはずです。

しかし高所の場合はそうはいきません。そもそも手が届かない場所だからです。激安レーザーポインターペンプレゼン会場、倉庫、建築現場、舞台、住宅展示場

近所への指示が必要なシーン遠所のみならず、近所への指示にも便利です。近所の場合、指し棒などの物理手段で指してしまうとそれが陰になって見え辛くなる場合があります。会議、小さい精密なモノ危険場所への指示が必要なシーン高温や低温中にあるもの、水中にあるもの、それ自体が危険?有害なものなどは、指し棒などの物理手段で指し示すのは危険です。例えば汚物などにも、ledライト付きレーザーポインターであれば安全に指示する事が可能です。事故現場、災害場所、水場、汚染場所

透過力が強い100mwグリーンレーザーポインター 機能を省いたシンブルでクール 生活防水仕様対応グリーンレーザーポインター 夜空の強力100mW 防水緑色光 お洒落なレーザーポインター指示棒星も指す事がで きます。トンネル工事や発掘調査、航空整備、災難時や危険時に救助を求めること 等活躍の場は無限 直接触れられない物を指し示すに便利
注意事項:

1.マイナスとプラス側を正しく取り付けてから、尾部をキーでかかってスイッチを押してグリーンライトが出ます。
2.安定性で3Vのリチウム電池をおすすめます。
3.レーザービームは人と動物の目に向けて照射することはダメです。
4.レーザーポインターの連続使用は30秒以内にしてください。でないと、レーザーポインタークロスラインの使用寿命は縮むようになる。
5.本商品は防水で、潜水する前に、100mwレーザーポインター100mw各パーツがよく締めたかどうかを確認してください。
6.レンズを汚れてしまったら、ピンセットでレンズを取り外して清水できれいに洗ってから、取り付けます。
強力100mW 防水緑色光 お洒落なレーザーポインター指示棒

レーザーポインタークロスライン

前に天体観測のイベントの際に説明員が緑色の超強力レーザーポインターを使って星のガイドをしていたのですが、そういったレーザーポインタで安価に買えるような物はありますか?また赤色のレーザーポインタではだめなのでしょうか,ぜんぜん答えになってませんが(すみません、笑)オーストラリアの星座観察ツアーは今でも懐中電灯でやってますよ。星まで届いているように見えて、星座そのものより、懐中電灯が届く(様に見える)事の方に感動しました。>緑色レーザーポインタを使って星のガイドをしていた,初めて聞きました。私は大型の懐中電灯に、光の横漏れ防止用の筒を付けて使っています。小さいことを優先されているならNGですが,もともと夜空を照らす光を回りから見ることができないので、空気中のチリなどを照らしてその反射光で光の道筋が見える。従って明るい光源が必要。で、大型の懐中電灯。小さなチリを照らすので波長の長い「赤」より、緑や青の方が適しているのかな? 赤色のレーザーポインタではまず見えない(室内で使った経験で)。

http://www.ludomedia.it/laseronsa-28749

http://whazzup-u.com/profiles/blogs/star-high-power-laser-of-the-sky